SWELLで綺麗にサイトをカスタマイズ → CLICK!

【Search Consoleで集客分析】導入方法を解説

ハチ公

どうも、ハチ公です🐶
今回はSearch Consoleについて解説するよ❗️

ハチ公嫁

いわゆる『サチコ』ってやつね❗️

こんな人におすすめ❗️
  • ブログを始めたばかりの人
  • ブログで集客したい人
  • Search Consoleの使い方を知りたい人
ハチ公

ブログ運営に必要と分かってはいるけど、
なかなか手がつかない方も多いんじゃない❓

ハチ公嫁

何に使うツールかも分からないし難しそう

ハチ公

この記事で紹介する手順通りにやれば5分ほどで完了するから
ぜひ一緒にやってみよう❗️

この記事を読んでわかること
  • Search Consoleの導入方法
  • Search Consoleの簡単な使い方
ハチ公の紹介
  • 30代会社員 妻🐩と子供👧🏻👦🏻の4人家族
  • 毎月約30万円を積立投資で運用中
  • 運用成績は年利約7%を維持…(持株が邪魔💦)
  • 投資額を増やすためにブログ副業を開始
  • 投資初心者・ブログ初心者向けの記事を執筆中
よろしく
目次

Search Consoleの役割とは?

ハチ公

Search ConsoleはWordPressを立ち上げたら、
必ず連携させておきたいツールだよ❗️

ハチ公嫁

Googleが提供している無料で利用できる解析ツールなんだね

ハチ公

記事ごとの検索順位、どのくらいユーザーに見られてクリックされているのか❓

ハチ公

こんなデータがSearch Consoleなら簡単に確認できるんだ❗️

ハチ公嫁

ユーザーがブログにどうやってたどり着いているか、
その動きを知れるわけだね❓

ハチ公

その他にも記事をアップしたらGoogleに知らせて、
インデックスしてもらう(記事を見つけてもらう)大事な役割もあるよ❗️

ハチ公嫁

ユーザーの動きを知ることができれば検索順位の改善に役立つから、導入必須のツールだね❗️

Search Console 導入する手順は5つ

  1. Search Consoleにアクセス
  2. プロパティタイプを選択する
  3. 所有権の確認手続きをする
  4. WordPressにメタタグを設置する
  5. 所有権が自動確認されたら完了

1. Search Consoleホームにアクセス

ハチ公

まずは普段使用している「Googleアカウント」にログインしよう❗️

ハチ公嫁

ログインしたらSearch Consoleの公式サイトにアクセスして
「今すぐ開始」のボタンをクリックすれば良いんんだね❗️

2.プロパティタイプ画面でURLを入力

ハチ公

Search Consoleの開始ボタンを押すと
「プロパティタイプを選択してください」
とメッセージが表示されるよ❗️

ハチ公嫁

「ドメイン」「URLプレフィックス」のどっちかを選択する必要があるんだね❗️

ハチ公嫁

聞きなれない言葉だから簡単にそれぞれの違いを説明して❗️

ハチ公

ざっくりこんな感じ

  • ドメイン:データを一括で取得できるけどプロパイダの設定も必要になるから面倒
  • URLプレフィックス:http:やhttpsを含んだURLのこと
ハチ公

基本的にURLプレフィックスを選択すればOKだよ❗️

ハチ公嫁

Search Consoleと連携したいブログのURLを入力して
「続行」のボタンをクリックすれば良いんだね

3.所有権の確認手続きをする

ハチ公

続いて所有権の確認手続きをするよ❗️

ハチ公

おすすめの確認方法「HTMLファイル」をスクロールしていくと
「その他の確認方法」が出てくるよ❗️

ハチ公嫁

表示されている中から
「HTMLタグ メタタグをサイトのホームページに追加します」
の項目をクリックだね❗️

ハチ公

メタタグはWordPressに貼り付けるだけで簡単に設定できるんだ❗️

ハチ公嫁

クリックするとメタタグが表示されるのでコピーすれば良いんだね❗️

この時の注意点としてコピーした後に「確認」ボタンを押さないで、
ページは開いたままにしておいてください。

4.WordPressにメタタグを設定する

ハチ公

今度はWordPressにログインしてSearch Consoleを導入する設定をしよう❗️

ハチ公嫁

プラグイン「All in One SEO」を使用すれば難しい操作は必要なく簡単に設置できるんだぁ❗️

All in One SEO
ハチ公

まずはプラグインの新規追加から「All in One SEO」をインストールしてね。

ハチ公

有効化するとページが変わって「Let’s Get Started」と記載された緑色のボタンが出てくるよ❗️

ハチ公

その下にグレーで小さく表示されている「Go back to the dashboard」のメッセージをクリックして❗️

ハチ公嫁

次はWordPressダッシュボード内の「一般設定」をクリック❗️

ハチ公

「All in One SEO」の画面に移行したら「Webmaster Tools」のタブをクリック❗️

ハチ公嫁

画面が切り替わったら「Google Search Console」の項目を選択すれば良いんだね

ハチ公

ここでさっきコピーしたメタタグを貼り付けて❗️

ハチ公

メタタグを貼り付けたら「content=”〇〇〇”」内の〇〇〇部分だけを残して、
他の文字は不要なので削除しよう❗️

ハチ公嫁

「Save Changes」をクリックすればWordPressの設定は終わり❗️

5.所有権が自動確認されたら完了

ハチ公

最後は所有権を確認してWordPressとSearch Consoleを連携すればすべての作業が完了だよ❗️

ハチ公

先ほど開いたままにしておいたSearch Consoleの
画面に戻って「確認」ボタンをクリックしてみよう❗️

ハチ公嫁

ここで「所有権を自動確認しました」と表示されたら
正しくWordPressと連携できているってことだね

Search Consoleが必須ツールな理由

ハチ公嫁

ちなみにどんなことができるの❓

ハチ公

Search Consoleを活用するためにも、
なんで必要なのか一緒に見てみようか❗️

記事のインデックス状況を確認できる

ハチ公

いくら記事を書いても検索エンジンに認識されて
順位がつかなければ意味がないよね❓

ハチ公嫁

だけど手作業で一記事ごとに順位を確認するのは
時間がかかって大変だよ💦

ハチ公

そこでSearch Consoleが役に立つんだよ❗️

ハチ公

インデックス状況を確認するにはいくつか方法があるんだけど
その中でも「URL検査」に記事のURLを入力する方法を紹介するね❗️

ハチ公嫁

インデックスされていれば「URLはGoogleに登録されています」と表示さるんだね❗️

ハチ公

もし登録されていなかった場合は「インデックス登録」をリクエストしておこう❗️

狙ったキーワードの順位がわかる

ハチ公

ネットの検索で集客するには『狙ったキーワード』で書いた記事の順位がとても大事❗️

ハチ公嫁

Search Consoleの検索パフォーマンスを利用すれば、
サイトの平均掲載順位が表示されるからとても便利だね

ハチ公嫁

グラフを見れば順位がどのように変化しているかも一目でわかる❗️

ハチ公

グラフの下に表示されているキーワードをクリックすると、
クエリ単体の順位が確認できるんだ❗️

ハチ公

キーワードごとの順位はもちろん「クリック数」「表示回数」のデータも集計してくれるから

ハチ公嫁

上位に上げたいキーワードをリライトする際の役立つね❗️

サイトの問題点とセキュリティ状態がわかる

ハチ公

最後にSearch Consoleは、運営しているブログに問題がないかどうかも分かるよ❗️

ハチ公嫁

WordPressは悪意ある他者によってウイルス感染やハッキングされやすい。。。

ハチ公

だからこそセキュリティ管理も大事な作業のひとつなんだ❗️

ハチ公

試しにSearch Consoleの「セキュリティの問題」というページにアクセスしてみよう❗️

ハチ公嫁

サイトに何も異常がなければ「問題は検出されませんでした」と表示されるんだね❗️

ハチ公

こうしたサイト上の問題がわかるのもSearch Consoleに登録する大きなメリットだね❗️

Search Consoleを導入しよう! まとめ

ハチ公

ブログを運営する上でSearch Consoleは
絶対に欠かせない必須ツールだよ❗️

  • 記事がインデックスされているか確認できる
  • キーワードの順位やクリック率のデータが分かる
  • サイトに問題のセキュリティがあれば教えてくれる
ハチ公嫁

慣れないうちは操作が難しくてうまく活用できないかもしれない💦

ハチ公

まずは一日一回Search Consoleを開いて
検索パフォーマンスの確認を習慣づけてみよう❗️

ハチ公嫁

Search Consoleに集まったデータを分析できるようになれば、
検索順位を改善するのに役立つはずだね❗️

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資の世界に転生した30代 製薬会社MR
看護師の妻と子供2人の4人家族
リベ大 両学長の信者でペンギン会員

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる