SWELLで綺麗にサイトをカスタマイズ → CLICK!

【おトクな制度】非課税口座を活用してほったらかし投資

どうも、ハチ公です🐶

前回は『投資信託の説明と具体的な商品』についてご紹介しました。

今回は投資の効率を最大限活かすための『非課税講座の活用方法』についてご紹介したいと思います。

これからの資産運用には『必須ツール』ですので、しっかりと活用して資産形成に役立てて下さい。

  • 投資にかかる税金を抑え、効率良く資産形成を行う。
  • 非課税口座は目的によって使い分ける
  • NISAは中期、つみたてNISAは長期、iDecoは老後資金用
目次

投資にかかる税金

投資にはコストがかかります。そのコストの1つが『税金』です。

投資を行っている過程で得た「譲渡益」「配当金」などの『利益』に対して20.315%の税金が課税されます。

所得税(+特別復興所得財)15.315%+住民税5%

つまり、資産から100万円の所得を得た場合、20万円納税して手残り80万円があなたの証券口座に残る。ということです。

ほとんどの方の場合『特定口座(源泉徴収あり)』を選ぶことになると思うので、直接納税する必要はありません。

詳しくは『証券口座紹介記事』にて触れていきたいと思います。


この資産所得に対する『課税』を免除してくれる口座が『非課税口座』です。

それぞれ特徴がありますので、しっかり理解しておくようにしましょう。

NISA

NISAは2014年1月から始まった非課税口座です。

2024年以降は『新NISA』として制度が変わりますので『現行NISA』『新NISA』の違いも含めて見てみましょう。

NISAの概要

現行NISA新NISA
非課税枠120万円/年2階部分:102万円/年
1階部分:20万円/年
非課税期間5年間5年間
拠出可能期間2023年まで2028年まで
対象商品上場株式
投資信託・ETF・REIT
2階部分:現行NISAからレバレッジ商品を除いたもの
1階部分:つみたてNISA対象商品
利用できる人20歳以上の日本居住者18歳以上の日本居住者
資金の引き出しいつでも可能いつでも可能
運用目的自由に投資したい
ある程度まとまった資金がある
自由に投資したい
ある程度まとまった資金がある
積立によるリスク分散もしたい

年間の非課税金額、拠出可能期間は『現行NISA』『新NISA』ともにほとんど同じです。

異なるのは対象商品に『つみたてNISA対象商品』を組み込む必要があり、非課税枠の構造が2階建になっているということです。

NISAのイメージ図

現行NISAのイメージ図:金融庁「一般NISAの基礎知識」より抜粋

例えば1年目に120万円投資して、6年目には140万円になっていたとします。

6年目には『1年目の非課税期間』が終了していますので『値上がり益20万円』には課税されてしまいます。

その20万円を6年目の『非課税枠に移管する』とこを『ロールオーバー』と言います。

この考え方は『新NISA』でも同様ですので、是非覚えておいて下さい。

現行NISAから新NISAへのロールオーバーも可能

ちなみに『現行NISA』から『新NISA』へのロールオーバーも可能です。

「制度が変わっちゃうから…」と躊躇することなく、早速始めてみましょう❗️

つみたてNISA

つみたてNISAは2018年1月から始まった制度で、2020年税法改正により投資可能期間が2042年まで延長されました。

つみたてNISAの概要

つみたてNISA
非課税枠40万円/年
非課税期間20年間
拠出可能期間2042年まで
対象商品金融庁の指定する投資信託
(商品一覧はこちらから)
利用できる人20歳以上の日本居住者
(2024年以降は18歳以上から可能)
資金の引き出しいつでも可能
運用目的まずは少額から始めたい
ゆっくりと堅実に資産形成したい
手数料などのコストを抑えたい

つみたてNISAのイメージ図

つみたてNISAのイメージ図:金融庁「つみたてNISAの概要」より抜粋

優良ファンドのみが選ばれている

”つみたてNISA対象”の投資信託は『金融庁のお墨付き』をもらっている商品です。

  • 購入手数料がノーロード(無料)
  • 信託報酬は一定水準以下(例:国内株のインデックスファンドの場合0.5%以下)に限定
  • 信託契約期間が無期限または20年以上である
  • 分配頻度が毎月でないこと
  • ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていないこと

銀行や証券会社の窓口で進められるような『高コストファンド』は、金融庁としても「国民の資産形成には不向き」と判断されています。

投資信託による資産運用を考えていらっしゃる方は、”つみたてNISA対象”の投資信託から選ぶべきでしょう。

ちなみにハチ公が利用しているSBI証券はつみたてNISA対象の銘柄が最も多い証券口座になっていますので、つみたてNISAを始められるにはおすすめの証券口座です❗️

iDeco

iDecoは2001年から始まった非課税口座で、『個人型確定拠出年金』のことを言います。

公的年金の他に『自分の為に年金を作ろう❗️』と言う目的で始まったサービスです。

2022年2月時点では、企業型DCに加入している会社員の方はiDecoは使えません。※ちなみにハチ公も加入できない側です🐶

ただし2022年10月〜は全ての方が利用できるようになります❗️

iDecoの特徴

iDecoの大きな特徴は下記4点です。

  • 月々の積立額(投資額)が所得控除の対象になる。
  • 運用益が非課税になる。
  • 受け取り時は税金がかかるが『退職所得控除』もしくは『公的年金等控除』のいずれかの対象になる。
  • 資産拘束期間が長い。(原則60歳以上で引き出しが可能)

投資上限金額

加入資格投資上限金額
国民年金第1号被保険者 自営業816,000円/年 (月額68,000円)
国民年金第2号被保険者 公務員144,000円/年 (月額12,000円)
国民年金第2号被保険者 会社員企業年金なし276,000円/年 (月額23,000円)
企業型確定拠出年金のみ加入240,000円/年 (月額20,000円)
企業型確定拠出年金と
確定給付企業年金に加入
144,000円/年 (月額12,000円)
確定給付企業年金のみ加入144,000円/年 (月額12,000円)
国民年金第3号被保険者
国民年金第2号被保険者に扶養されている人
276,000円/年 (月額23,000円)

投資可能商品

iDecoで投資可能な商品には大きく『元本保証型』と『元本変動型』の2つに分けられています。

元本保証型

元本保証型には「定期預金」や「保険商品」などがあります。

定期預金

元本の安全性が高い

とにかく金利が低い

iDecoで行うメリットがない(普通に定期預金すればいい)

保険商品

元本の安全性が高い

とにかく金利が低い

iDecoで行うメリットがない(普通に商品を買えばいい)

上記のように、iDecoで『元本保証型』の商品を組み込む意味はありません

資産拘束期間が60歳まで続きますので、上記商品を選ぶ場合は「普通に定期預金する」「普通に保険商品を買う」ようにしましょう。

元本変動型

元本変動型には国内株式、海外株式、国内債券、海外債券、国内不動産投資信託(REIT)、海外REITなど様々な金融商品があります。

それぞれのリスク・リターンを考え、自分のリスク許容度にあった商品の組み合わせ(ポートフォリオ)を作ってみて下さい。

iDecoは出口戦略の方が重要

iDecoは運用期間中は非課税ですが、受け取る時には『課税』されます。

従って受け取り方を考えておくことが非常に重要になってきます。

3つの受け取りパターン

  1. 一気に全額受け取る「一時金」
  2. 分割して受け取る「年金」
  3. 併用で受け取る

この3パターンがあります。

それぞれ所得控除の考え方が異なりますので、順番に見ていきましょう。

一気に受け取るパターン

これは『退職所得控除』に該当するパターンです。

退職所得控除額を計算するには下記の通りです。

積立年数又は勤続年数退職所得控除額
20年以下40万円×勤続年数
20年以上800万円+70万円×(加入年数−20年)

会社員の方で会社からも退職金が出る場合は「退職金+一時金」の合計金額で考えましょう。

分割で受け取るパターン

これは『公的年金等控除』に該当するパターンです。

公的年金等控除を計算する方法は下記を参照して下さい。

年金収入金額公的年金等控除額:65歳未満公的年金等控除額:65歳以上
130万円以下60万円110万円
130万円超〜330万円年金収入額×0.25+275,000円110万円
330万円超〜410万円年金収入額×0.25+275,000円年金収入額×0.25+275,000円
410万円超〜770万円年金収入額×0.15+685,000円年金収入額×0.15+685,000円
770万円超〜1000万円年金収入額×0.05+1455,000円年金収入額×0.05+1455,000円

併用して受け取るパターン

この場合は「退職金+一時金」の合計金額と「公的年金+iDeco年金」の合計金額によって課税金額が変わります。


どのパターンを選択するにしても、課税される税金を最小限に抑えたいのであれば、税理士さんにご相談することをお勧めします。

税理士さんへの謝礼金を考慮しても、何も考えずに受け取るより受け取り金額が多くなるはずです。

まとめ

非課税口座を最大限活用して、効率よくほったらかし投資をしましょう❗️

  • 投資にかかる税金を抑え、効率良く資産形成を行う。
  • 非課税口座は目的によって使い分ける。
  • NISAは中期、つみたてNISAは長期、iDecoは老後資金用

初めは良くわからなくても、ほったらかし投資の仕組みさえ作ってしまえば後々楽ですよ❗️

特にSBI証券はつみたてNISA対象の投資信託取り扱い本数が最も多い証券会社ですので、資産形成の役に立つと思います。

是非皆さんも積極的に活用して、ハチ公と一緒に効率良く資産形成していきましょう❗️

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資の世界に転生した30代 製薬会社MR
看護師の妻と子供2人の4人家族
リベ大 両学長の信者でペンギン会員

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる